人生を語らず(44)フォークの市

  第16回 フォークの市。入り口の手書き看板。

 「フォークの市」 もおかげさまで16回を重ねました。 今夜も11組の人たちが参加してくれました。 今回は、トオルちゃんが厨房を担当してくれました。 拓ちゃんはビデオの録画や、音響関係を一手に担ってくれて、店主はと言えば、相変わらず飲んだくれているのでありました。

 そうそう、拓郎age、今月の30日でオープンしてまる2年です。 ど素人がよく2年もやってこれたな、と我ながら感心しきりです。 それこそオープン当初はギターも満足に弾けなかったのに、今はベースやドラムの真似事までしているのですから、笑っちゃいますよね。拓郎の歌にもあります。 ♪ だからこそ世の中は明日が見えませ~ん ♪。 しかしまぁ、拓郎ageの将来は 「フォークの市」 と共にあるような気がしてなりません。

人生を語らず(44)フォークの市” に対して1件のコメントがあります。

  1. より:

    第16回フォークの市、ありがとうございました。
    久しぶりの参加で少々不安がありましたが、すぐに空気に溶けこめました。
    私は相変わらず吉田拓郎一色になってしまいましたが、いろんな人のいろんな音楽を「生」で聞かせてもらえるって幸せですね。おかげさまで楽しくて第2部あたりからアルコールが回ってきて何を歌ったのか記憶になくて・・・・すみません。
    まもなくオープン2周年!!  おめでとうございます!!
    これからも、飲んで、歌って、笑って・・・楽しみましょう。

    NAKAさん、いただいた「歌詞」次回までに練習しておきますねっ。
    (・・・でも、歌いながら笑ってしまいそう・・・・心配!)

  2. 拓郎ageマスター より:

    前ちゃん、ありがとうございました。

    次は拓郎ナイト、よろしくお願いします。

    やっぱり、拓郎はいいよね。どんな場でにも必ず、それに合った歌があるんですよね。

    これからもよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です