人生を語らず(45)また別れの夜

  別れの夜。 ステージから長野駅方面を望む。

 拓郎age のお客さんには、転勤族の方が多く、これまでも何度も見送りをしてきたのですが、今日また一人、長野を去ります。 その人は長渕が好きで今夜は彼のオンステージ。 店のオープン前からお世話になった人でした。 思えば、2年前の今頃です。 僕は彼の勤務する会社の長野支店に、ひとり乗り込み、「拓郎の店を始めますが、ついてはご協力いただきたい。御社のCMソングを拓郎が担当していたのです。御社以外は考えていませんのでよろしくお願いします」 と無謀な訪問をしたのでした。その時、応対をしてくれたのが彼で、以来面倒を見ていただきました。

 今夜別れの一夜。 彼いわく、「長いこと営業して全国回ってきたけど、直接ウチに来て、あんなお願いされたのは初めてですよ」。 どの位、彼の営業成績に貢献できたのか、わかりませんが、それでも僕はいっさい浮気をせず彼の扱う商品以外は目もくれずにきました。

 会者定離、出会いがあれば必ず別れがあるのです。今日はその別れの日。彼のこれからの活躍を祈って、カンパ~イ!

コメント