人生を語らず(61) 拓郎ライブ

 顔が写っていないなんとも奇妙なポスター

 

 

 

 

 

 

 

 「吉田拓郎 LIVE 2012  大宮ソニックシティ」 行ってきました。 感無量、その一言です。 思えば40年です。 40年の長きに渡って僕の心の中に住みついている吉田拓郎、その人と同じ空間にいるわけです。 感動しないはずがないじゃないですか。 登場したその瞬間に涙ぐむ自分がありました。

 いったいこの人のことをどう語ればいいのか、僕はいっさいの言葉を失ってしまいます。 ただただ拓郎が好き、それだけです。理屈なんてどこにもありません。 この先もずっと、間違いなく僕の心の中に住みついているでしょう。 人間は生まれたその時代でしか生きていけない。そしてその時代に拓郎がいたんです。 拓郎に出会ってしまったんです。 はっきり言いましょう、僕は 「拓郎教」 の信者です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です