人生を語らず(107) 詩集に刺繍

 あなたと僕だけのための

 世界に一冊だけの詩集を作ろうと思います

 そしたらあなた、

 装丁はあなたの役目です

 ブックカバーに刺繍してくださいね

名前のイニシャルも忘れずに

 [解説]  お客さんとの会話の中で刺繍の話しが出たとき、咄嗟に思い浮かびました。単なる語呂合わせに過ぎませんが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です