人生を語らず(126)あなただけ

 誰の人生にも ほどよく陽がさすこともあれば

 風が吹き荒れる日もあるだろう

 どんなときも僕にはあなたが必要なんだよ

 あなたの何気ないたった一言が

 どれだけ僕を奮い立たせているか

 残念ながらあなたは知らない

 あなたの知らないところで

 あなたがいるから生きていられる男がいる

 だけどこの片思いを悲劇とは言うまい

 あなたに巡りあうことができてよかった

 あなたが好き 心の底からあなたが好き あなただけ

 

 誰も僕を救えない ただ一人あなたを除いて

 あなたには全面降伏出来るんだ

 あなたの胸に顔をうずめて思い切り泣いてみたいよ

 誰にも頼らず生きてきたつもりだけど

 あなたがいなければ生きていけない

 強がりもあなたの前では通らない

 こんな気持ち初めてのこと

 僕は一方的にあなたに思いを伝える

 あなたがそれに答えなくたって

 この気持ち知ってくれるだけでいい

 あなたが好き 心の底から好き あなただけ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です