人生を語らず(130) マイナ、君を待つ

マイナ、君を待つ

この先人生がどう変わっていこうとも

変わらないものがたった一つある

君を想う気持ちだけは変わらない

この想いが君に届くのか それはわからない

だけど君以外は見えない

一生、君

一生、マイナ

マイナ、君を待つ

 

マイナ、君を待つ

若い頃とは違う 大人のあり方がある

ただいたずらに年を重ねたわけじゃない

生きるために生きる悲しみも知っている

それだけにささやかな喜びも知っている

君以外はもう見えない

一生、マイナ

一生、君

マイナ、君を待つ

 

人生を語らず(130) マイナ、君を待つ” に対して1件のコメントがあります。

  1. 昨日、お電話させていただきました名古屋の佐藤こと馬車道マスターです。
    ホテルが取れましたので、明日16日、みるくと二人でお伺いしたいと思っております。
    よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です