人生を語らす(167)dream comes true

しかし、つくづく思うのですが、拓郎age という店、よく4年半ももちました。10月には5周年というのですから、これには当の本人が一番驚いているはずです。

店の5周年と同時に、毎月第二土曜の「フォークの市」も7か月で50回を迎えます。こちらについては、白馬のライブハウスペンションを借りきって、お泊まりでやろうかなどとお客さんと盛り上がっています。

お客さんのオリジナルを集めたCD を作り、全国のフォーク酒場に置いてもらおうとか、関東甲信越あたりのフォーク酒場の賛同者と軽井沢でアマチュア音楽祭を開催しようとか、夢は尽きないわけですが、最後に僕の持論を。

追い続けても夢は叶わないが、追い続けなければ夢は叶わない。 オソマツ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です