人生を語らず(181) 鈴木康博さんライブ

9月13日、元オフコースの鈴木康博さんのライブがここ拓郎ageでありました。客席は中高年男女でいっぱいです(中高生男女ではありませんよ)。新作アルバム「この先の道」に収録された曲を中心にオフコース時代の歌も含め、全21曲。見ごたえ、聴きごたえのあるライブでした。朴訥なしゃべり、と気取りのない物腰、僕はいっぺんに魅せられてしまいました。

鈴木さんは拓郎さんとも縁があって、「男達の詩」の印象的なフレーズのリードギターは彼によるものです。さらに驚くべきはマネージャーの木宮氏です。なんとこの方、拓郎さんの初代マネージャーということで、つま恋の写真集を開いて「これ、おれ。これ、おれ」と嬉しそうに指をさして、その表情はまるで少年のように輝いているのでした。

 

人生を語らず(181) 鈴木康博さんライブ” に対して1件のコメントがあります。

  1. わきさん より:

    マスターお久しぶりです。

    広島のわきさんです。オフコースの鈴木さん見たかったな~~~大学時代にコンサート見に行って、ステージ前にへばりついてから鈴木さんのギターテクニックを見ていた事を思い出します、

    ところで、先月久しぶりに長野に行きそちらにお邪魔しようとしましたが、イベント開催日だったので入ること叶いませんでした。来週、僕らのメンバーのうちの1人の還暦祝いで再度長野に行くことになりました。3人のうちの一番細かった人、ター君です。14日(土)です。今度はイベントないですよね?今度こそうかがいたいと思いますので宜しくお願いします。

    あっ、そうそう。それからいろいろありまして勤めていた会社を退職し広島単身赴任生活を解消し今は自宅のある奈良に住んでおります。

    以上、宜しくお願いします 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です