人生を語らず(7) ドンマイ!

 このところ 「来店者ゼロ」がなく、しかも半年以上も続き、まさに奇跡としか思えない日々であったわけですが、そうなればなったで、いつ 「来店者ゼロ」の日がくるのだろう、と戦々恐々の日々でもありました。

 それがです、6月2日、土曜日、168営業日ぶりにとうとうきてしまいました。もともと土曜日というのはなかなか読めない曜日で、やたらと混むか、閑散とするか、かなり波が激しいのですが、それでもゼロという日はなかったのです。しかしその日はとにかく気配すらありませんでした。

 なまじ好調だったせいか (と言ってもあくまで拓郎ageレベルでの話しですからお間違いのないよう)、「これで拓郎ageも終わりか!」 と暗雲が垂れ込めたような悲壮感に一気に包まれてしまいました。しかしお客さんの一言が僕を救ってくれました。それが 「ドンマイ!」 

 中学の時分、バスケットをやっていた僕はこの言葉を日常的に使っていたのですが、すっかり忘れていました。 「ドンマイ!」、いい言葉です。いつでも自分に言い聞かせようと思います。 時々ゼロの日があったって混む日もあるんですからいいじゃないですか、気にすんなよ、「ドンマイ!」  

コメント

  1. テニスボーイ より:

    >このところ 「来店者ゼロ」 が半年以上も続き・・・

    (防衛隊の任務遂行できなくてすみません。
    最近、テニスのレッスンが金曜日から土曜日に変更になったもので)

    は「来店者ゼロ無しの日」が半年続いたんでしょ~

    良いじゃないですか。ありがたいことです。

    前にも言いましたが、初めて来店されたお客様が3回リピートするには
    どうしたらよいか考えることです。
    (まぁ週に5日訪店する人がいるのですから拓郎ageには
    なにか魅力があるはずで、それが人によって違うだけ)

    逆にお客様は3回以上来ていれば「なじみ」(もしくはもう常連)って
    感じるわけです。
    ですからしつこくならない程度になるべくお客様のお名前をお聞きして
    (嫌がる方もいますから)、名前とお顔を覚えることが大切だと思います。

    (プライバシーには気を付けてね~私の年齢は他のお客様には言わないでくださいね)

  2. 拓郎ageマスター より:

    週5日通ったという強者がなんと2人! いるんですよね。

    リピーター、というのはどの商売でもやっぱり永遠のテーマですよね。

    年齢の件、了解です。年齢不詳ということで・・・。