人生を語らず(9)店は生きている

 前回のエピソードで 「車中泊」 のことを書いたら、早速高級マクラを届けてくれたお客さんがありました。なんと感謝の言葉を申していいのやらただただ感激するばかりです。

 昨日のフォークの市でも、日本酒、おやき、チーズケーキ、それから自ら捌いたというお刺身まで差し入れがありました。僕など怠惰で、出来るだけ手を抜こうと、缶詰をメニューにしてしまう不届き者です。あるいは、魚肉ソーセージを切ってマヨネーズを添えるだけ、という超シンプルメニューの開発に血道をあげるケシカラン奴です。こんなにまでして頂いて、どうお礼をしていいのか、とにかく感謝の一語です。

 「物」 ばかりでなく、みなさん、「こうした方がいいんじゃないか」 「それは止めるべきだ」 とかいろいろアドバイスをしてくれます。たまたま僕は拓郎ageを立ち上げはしましたが、拓郎ageがあるのは、これはもう一人一人のお客さんのおかげです。お客さんと一緒に店は生きているんだなぁとつくづく思います。

               店は生きている!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です