マスターの独り言(34)大人の青春

 サラリーマン時代はずっと営業畑を歩いていました。しかしこの営業マン、成績は、というとさっぱりウダツが上がらないのです。どうやら商売には不向きのようでありました。そんな僕が仮にもフォーク酒場など始めて、しかも10ヶ月持ち堪えているのですから正直、驚きです。それもひとえにお客さんの後押しがあればこそです。いいお客さんにめぐり合えてよかったな、とつくづく思います。過日、テレビの取材があったのですが、取材中もそして取材の後もそんな思いをひしひしと感じました。彼らは物怖じもせず、ステージで歌ったり、インタビューに答え、大いに盛り上げてくれました。

 しかしそれにしてもです。彼らのはしゃぎようと言ったら、中学生や高校生と何も変わりません。子供の頃、大人はどんな話しをしているのだろう? 子供にはわからない難しい話しをしているんだろうな、と思っていましたが、どうやら本質は変わらないような、そんな気がします。ジュースやコーヒーがアルコールに変わっただけみたいな・・・。

 近頃、僕は思うのであります。一応僕は 「飲み屋の店主」 ということになっていますが、70年代に青春していた人たちがあの頃に戻って自分を取り戻す、そんな居心地のいい 「空間&時間提供業」 ではないのか、と。しかもタイムスリップするだけではなく、それが明日への活力になれば言うことなしです。そんなわけでおじさんたちは今日も老体にムチ打つのです。

 古い水夫でも 新しい海へ漕ぎ出すことは できるだろう

コメント

  1. BUNN より:

    若い頃、何も言えない青年でした!多分、これが普通だと思います?
    今は何でも言えてしまう壮年です!?
    このへんの違いは大きいかも?
    高校生の頃より、歌の内容など考えながら深い部分での理解の上で楽しんでると思います。
    あえて中年とは言わず、壮年世代頑張れ!!