マスターの独り言(78) 確定申告

 僕はどうやら 「脱サラ」 らしいのですが、店を始める前の10数年は、身分上、自営業者でしたので、ずっと確定申告をしていました。この時期の楽しみといったら、そうです 「還付金」 というやつです。結構まとまった額でしたので、給料日が一つ増えたような、そんなルンルン気分でした。しかし、しかしです。今年はもうその楽しみが僕にはないのです。そればかりか、今度は税金を払わねばならないのです。そして昨日、懇意にしているコンサルタントを訪ね、確定申告の手続きをした、というわけです。

 戦々恐々見守るなか、 電卓を見ずに物凄いスピードで指を動かす彼が、何やら数字を記入するや 「喜ぶべきというか、悲しむべきというか、税金、0ですね」 と言うではありませんか。僕はホッと胸を撫で下ろしました。しかし考えてみるまでもなく、これって売り上げも利益もないってことですよね。開店して1年、粉骨砕身頑張ってきた結果が (・・・なんてことはありません。ノラリクラリと言った方が正しい) 税金を払うに及ばないのです。なにやら情けないものを感じました。そんな気持ちを察したのか、彼は言いました。 「この不況のなかで店を立ち上げてですよ、最初から儲かるなんてことはないんですから」。 僕はこう答えました。 「まぁ、お金がすべてじゃないですよね。この充実感はお金じゃ買えないですよね」 さらに彼。 「私はそんなキレイ事は言いません。お金はいっぱいあった方がいいです」 「・・・」 立つ瀬のなくなった僕、なのでした。 

 

コメント

  1. やまちゃん より:

    ねーマスター失恋レス、、じゃなくて、ララララララー今すぐにマスター抱きしめてよマス、、じゃなくて、マスター本日はありがとうございました僕の誕生日を盛大に祝ってくれまして、、じゃないか。初めて伺いましたが本当に楽しく過ごさせていただきました。明日?、今日も行きますのでよろしく哀愁です。あきちゃんハピバスデイ!!
                                        愛知県豊橋代表 やまちゃん

  2. マスター より:

    いやいや、ありがとうございました。

    とても初めて来たとは思えない親近感、これからも出張の都度、寄ってくださいね。

    そして、今日もご来店、お待ちしてま~す。

    ヨロシクです。