マスターの独り言(人生を語らず)

マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(192) へんなとこ、こだわる。

たぶん、こんなことしてる人は少ないだろうな、と思う。長野市ではプラスチックのゴミは写真の黄色い指定袋に入れることになっている。写真をもう一度よく見てもらいたい。プラスチックの容器が細かく裁断されているのがお分かりいただけるだろうか? そう...
マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(191) 僕らの旅は果てしなく続く

所用で宇都宮に来ること3回め。そのうち2回ははしちゃんの車に、文字通り便乗させてもらっている。「いいよ、いいよ。自宅から宇都宮まで、そう遠くはないから」 と彼は笑うが、それでもたっぷり70km はある。彼も人がいい。 今回は仕事をこなしなが...
マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(190) スマイル アウェイ

寒さに震えながら裸になり、浴室に入ったまではいいけれど、シャワーの蛇口をひねっても水が出ない。え~っ、何事❗慌て服をはおり、台所の蛇口をひねる。やはり出ない。スワッ、いち大事❗凍結か? シャワーもせずに店には出れないからスーパー銭湯に。チェ...
マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(189)  TAKKY

年が明けて、はや3週間。異動の時期にはまだ早いけど、今年の転勤第1号の一報が入った。なんとTAKKY 。店に通い始めて1年と1か月。またたく間に超常連にのしあがったというのに、ちと早くないかい? しかし、よそ様の会社の人事のことゆえ、私にど...
マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(188) 拓郎age オールド・シップ・バンド

「拓郎age オールド・シップ・バンド」と名のっただけで、すぐさま、古い船を動かすのも、新しい船を動かすのも、古い水夫ということで…いい名前です、と反応してくれる人がいました。こういうの、以心伝心というのでしょうか。 拓郎ははるか昔、こう...
マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(187) 続大腸カメラ検査

憂うつな大腸カメラ検査も無事終わりました。結果、異常なし。よかった、よかった。さて、この検査、終わってからがまた一仕事あるんです。検査は洗浄液を放射しながら行われるので、大腸内は空気が充満。これがいわゆる「オナラ」となって1時間ばかり放出さ...
マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(186) 大腸カメラ検査

いきなり小難しい話しですが、人生が生きるに値するか否かを判断する、ということが哲学の一番重要な問題だと、かつてカミュの著作で読んだことがあります。60年生きてきてその答えはなかなか出せない私ですが、ひとつ言えることは、生きているかぎりは健康...
マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(185) リッキーさんライブ

日にちは前後しますが、12/17、リッキー廣田ライブやりました。毎年12月、ジョン・レノンの命日にちなんでの、オノヨーコさんも公認のリッキーさんのライブも今年で3回目になりました。 そうそう、1回目のときでした。T シャツを買ってくると開...
マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(184) X’masライブ

12/23は、あちこちでX'masライブが花盛りだったようです。拓郎age バンドもね、やったんですよ、これが。いやぁ、お恥ずかしい。しかもメンバー4人が音を合わせたのが本番の数時間前というのだから、どこからかお叱りを受けそうです。 さて...
マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(183) さながらディスコ

面識のない4人の女性が意気投合。彼女たちが歌い始めると、フォーク酒場はさながらディスコに大変身。客席のライトを消すとチークタイム。 店にはいろいろの顔がある。その日その日の顔ぶれで変わる。一期一会。そんな夜もある。暮れも押し迫る師走の一コ...