マスターの独り言(人生を語らず)

NO IMAGE マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(202) 熊五郎、来たる

今年もまたわが家に熊五郎がやって来た。一日店主企画の打ち上げでバーベキューをやったとき、参加者の多くが目撃してくれたはずだ。 一体何代目になるのだろう。蜂の寿命はせいぜい1年らしいから、毎年毎年やって来る熊五郎は当然代替わりしているわけで...
NO IMAGE マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(201) 蘇る金狼

高校1年のとき初めて買ったギターはヤマハFG-240。1年ほど前、のんちゃんに頼んで(店主はこの種のことに全くうとい)、この思い入れたっぷりのFG - 240をネットオークションで手に入れた。 さて、このFG - 240。サドルがなんと真...
NO IMAGE マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(200) 教訓Ⅲ

業者を呼んで庭の木を切った。杉の木4本、松の木1本。これらの木は近隣に多大な迷惑をかけてきた。クレームも2度や3度ではない。伸びた枝が隣りの家の窓にまとわりつき、あるいは夥しい葉っぱを撒き散らす。 昭和の香り満載のこの家を買ったのは7年前...
NO IMAGE マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(199) 怒涛の3日間

町の自治会とは全く縁のなかった私ですが、「順番ですからね」と、町の主のようなご婦人に恐喝に近い形で詰め寄られ、「理事」などという、なんだかとても偉そうな役を引き受けてしまいました。 最初のミッション(笑)は、ゴミステーションの立ち会い。土曜...
NO IMAGE マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(198) バンザ~イ🙌

のんちゃんは徳島へ、シミちゃんは新潟へ、そしてシモちゃんは東京へと旅立って行きました。涙、涙です。しかし、一方、嬉しい便りも届きました。拓ちゃんが帰ってくるのであります。まさかまさかのミラクルです。名古屋に赴任して2年。「よくぞ、戻ってきた...
NO IMAGE マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(197) 僕の履歴書①

僕はおよそ組織というものに向かない性格です。組織に見切りをつけて個人事業主になったのが42のときですから、以来18年、細々ながら自由業に身をおいているわけです。 クラスメイトが就職活動に駆けずり回っている大学4年のときも、僕は西新宿のアパ...
NO IMAGE マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(196) 花粉症歴15年

花粉症というのは、ある日突然やってくる。去年まではなんともなくたって、今年はわからない。たとえ今年ならなくても来年はわからない。15年前までは、花粉症だと言ってやたらくしゃみをしたり、目が痒いと言ってはしきりに目をこすっている人たちをみて ...
NO IMAGE マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(195) わけわからず

僕は今、母親の介護をしているわけですが、彼女の所持している○○証の多さときたら…わけわからずです。 ●後期高齢者医療被保険者証 ●福祉医療費受給者証 ●老人保健法 医療受給者証 ●介護保険被保険者証 ●介護保険負担割合証 ●介護...
NO IMAGE マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(194) 休煙1年

重大な決意でも悲壮な覚悟でもなく、「タバコ、やめっか」 なんて軽い気持ちで吸わないでいたら、いつのまにか1年になっていました。 やめてよかったのは、とにかく火の心配がなくなったことです。特に僕のような独り者は後始末してくれる人もいませんし...
NO IMAGE マスターの独り言(人生を語らず)

人生を語らず(193) 思い出のシューズ

オープンして5年がたちましたが、たかが5年、されど5年です。ほかの多くの店と同じように、拓郎age もまたたくさんのドラマを見てきました。 3周年の頃は、3羽ガラスとか四天王とか言って同じ年頃の拓ちゃん、トールちゃん、やっちゃん、それから...